スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山籠り帰還報告!!

 こんばんわー 紳士です^^

 どうもどうもお待たせしました!! では早速、山籠り帰還報告行きたいと思います!GOGO

 ちなみにかなり長いです。。。



 

 先日より行っていました山籠り。  今回の旅はあくまで、ベアグリルス師匠の旅を再現しようとしたわけで。

 まずは山の頂上を目指しました。(ベア先生はいつもヘリで頂上に落とされ、遭難する)


 山の名前なんざ知りませんw なんたって、遭難しに行ったんですから!

 とまぁ言っていますが大体の場所は、秩父の方。 ってことです。


 まずは毎度ながらバイクで行けるところまで行きます。 いやぁー前回は綺麗な海。 今回は綺麗な山道。

 俺のバイクって幸せ者だなぁ 良い場所ばっかり走れて。゚+。ゥフフ(o-艸-o)ゥフフ。+゚


 峠道をトコトコ走りながら行けるところまで行きます。 道が無くなった所まで走り、適当にバイクを駐車。

 パトカーなんざ入ってこれませんから、駐車違反の心配がなかったですww


 そして。いざ山へ。出発は明け方6時くらいです。 まぁ少し歩いて行くと当然こんな場面に出くわすわけですよ。

 「このままは進めないな。この川を渡らないと、、、、 対岸に行けば進めそうだな」 

 徒歩10分くらいでいきなり川に激突ですね。 

 今考えてみると、この辺りまでは頭のネジは緩んでなかったみたいです。(こんな旅に行く時点で緩んでるだろ、っとツっこもうとした人は正直に挙手しなさい。)

 話を戻して、川を渡りましょう。

 先陣をきったのは一緒に行った相方です。 それを見る限りだとそんなに深くなさそうだったので、僕も続きます。

 相方はジャバジャバ入って行きましたが、僕は一応裾をめくってから行きました。

 ドボン!   !?!?!?

 ひざ下くらいの深さのはずが、いきなり深いところに足を突っ込んじゃいましたwww

 腰までどっぷりと水につかりました。  双方、大爆笑、、、、w そうですね、この辺りからネジがすっとんでいきました。

 まぁ無事!?川を越えて、がつがつ山を登っていきます。 登ると言っても、富士山の登山なんかをイメージしている人に忠告。 
 あんなになだらかじゃありませんww 杖なんて持ってる余裕がないほどの急斜面をロッククライミングのように登って行くんですよ。

 自分の足元の岩が崩れて何メートルも落っこちて行って。見えないところからドカーーンとか音が聞こえるんですよ。 マジで怖いですよ ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル


 
 まぁ、とにかく登って登って登りまくります。 頂上目指して。

 「お昼くらいには寝床を確保してシェルター作りと食料を探さないとねー」とか話しつつ。。。

 かなぁーり登って、気付くと時間はお昼を過ぎていました。

 いそいでシェルター作らなきゃ!!ってことで、シェルター作りによさそうな場所を探し始めます。

 川の近くの方が水の確保が楽だから川辺にしようと言いつつ、今度は川を捜索。

 ちなみにこの時点で、完全に遭難ですwww

 

 ッハ!! これは! 見つけました。 川というより、水源?です。 まさにそこから水がわいていました。

 IMGP1794_convert_20110618062507.jpg

 こんな感じの場所でした。 んまぁ、寝れないわな。

 ここじゃぁさすがにシェルターは作れないってことでもう少し下ってみることに。

 ちなみにこんな綺麗な風景が拝めました。IMGP1795_convert_20110618063535.jpg


 すこし行ったところに、よさげな場所があったのでそこにシェルターを作ることに。

 シェルター作りに必須なもの、そう  木ですね。  ふたりで手分けをしてナイフでトンテンカントンテンカン

 木を切り倒していきます。 いやぁー ナイフ一本じゃ意外と切れないもんですねぇ、、、 しかも足場も超絶悪いし、、、

 苦労して、数本の木をGETします。

 シェルター作りに入ったところでまさかの、、、、雨、、、

 グハッ・・('д`)  雨はきついです。 川辺だと増水の危険もあるし、シェルターには屋根も必要になります。

 それになにより、火が起きません。

 かなり萎えーー  ながらも、しょうがないです。 暗くなる前にシェルターを作らねば!!

 まぁ作業は順調で、わりとサクサク出来ました。

 これが今晩の家です↓↓IMGP1796_convert_20110618061918.jpg


 葉っぱで屋根をつくり、なんとか中に2人寝れる感じです。 地面には大量の葉っぱを敷き、マットにしました。
 人は横になると主に地面から体温を奪われるそうなので、マットは必須です。

 雨が降ってちゃぁいくら頑張っても火は起きませんねぇ、、、、 まず乾いた薪になるものが皆無。

 気合で「付いた!!」とおもっても速攻消されますwwww

 火がない=食料をGETしても火を通せないってことなので、諦めて寝ることに。

 そして、次の難関は寒さです。 川でびしょびしょになってる+雨でもぉ最悪。とにかく寒くて震えが止まりませんでした。

 これはベア先生風にいうと「間違いなく人生最悪の夜です!」

 てな感じでしょうか。  寒すぎて寝れないので、秘密兵器。 睡眠薬投入です。

 まぁ川辺なので水は腐るほどあります。 できれば煮沸消毒をしてから飲みたいところですが、しょうがない。
 川水で睡眠薬を飲み、就寝。 午後5時30分くらいだったかな。

 ちなみに相方は飲みませんでした。まぁそれが普通ですね。

 以下、僕は睡眠薬のおかげで死んだように眠っているので、相方から聞いた話を。


 とにかく寒くて、相方は寝れなかったらしいです。 夜中に何度も寒さで目が覚めてまともな睡眠は取れなかったそうです。

 起きるたびに横で僕が死んだように眠ってるから「寒さでほんとに死んでんじゃねぇか」と心配して、息を確認したり、手の温度を見てくれていたらしいですw

 ♪感謝☆(人゚∀゚*)☆感謝♪  ちなみに手は凍ったように冷たかったとか、、、、苦笑;;

 こう思うと睡眠薬って怖いですね、、、、これからは注意が必要です。 裏面、必需アイテムかもしれませんw
 睡眠は大事だからねw


 朝、日が昇り始める、3時30分頃に起床。

 人生最悪の目覚めでした。  雨。そして体はびちょびちょ、服もびちょびちょ、おまけにあり得ない寒さ。

 それと空腹感。。。。

 相方と、「いやぁー きついな。マジ帰りてぇ、来なけりゃよかった、、、」

 「とかいいつつ嫌いじゃないんだけどねこういうのww」

 「まぁじゃなきゃ来ないよなー、どうせまたやるんだろw」

 とかこんな内容を話しながら完全に日が昇るまでおしゃべり。


 雨じゃぁ仕方ないってことで、帰る方向に話が進みました。

 とはいっても、ここどこ状態なわけで、、、、

 あっちから太陽昇ってるからぁ あっちが東で、東京の方だよね。 とか

 とりあえず、ベア先生いわく、「川は山の高速道路」だから川沿いに下って行こうとかとか、、、

 色々、脱出案はでましたが、結局 川を下ることに。

 真の問題はここからですよ。  まず、川というより、急流。

 寒さでまともに動けない。  足は12時間以上ぬれっぱなしだと、なんたら症になってしまう。

 岩が濡れてツルツル。 とまぁ不安要素しかなかったんですが、そこはマビで鍛えた「KIAI」です。


 崖のような岩を慎重に下っていきます。 これまた怖いんだ、、、足場が崩れて岩が滝の中へ消えていく感じが、、、

 もぉネジはすっとんでますから、行ける!!と思ったら ガンガンダイブです!!

 ベアさんの気持ちがとってもよくわかりました。

 いきなり超冷たい水にダイブして、しかも足が付かない恐怖。そして、服、靴、リュックを装備してるので、泳ぎづらいのなんのって、、、、、

 いっきに心拍数はあがり、アドレナリンが分泌されるのがわかります。

 とまぁダイブ ダイブ の連続でかなり高ペースで下れました。

 そしてついに見つけた人工物!!!

 その瞬間は感極まって二人で握手しちゃいましたねーーww

 無事 険しい山を下りて、いい感じの河原に出られたので、そこで速攻焚火!!

 その時は雨もやんでいたので、普通に火を起こせました。

 そこで足や服を乾かして、やっとの思いでバイクの所までたどり着けました。

 いやぁー それにしても帰りに食べたラーメンは美味しかったwwww

 家に帰ってあったかいシャワーを浴びて、、、

 そして今晩の食糧↓↓IMGP1788_convert_20110618062010.jpg

 違っ(ry

 今回の旅のおかげで、動物がすべてご飯に見えてきてしまうwww

 ちなみにこれはうちのペットですw 梨多待望の写真うp

 まぁボケボケですが許して下さいw だって、、、動くんだもんw




 今回の旅で、自分がどんだけぬるい生活をしているのか、どんだけ文明に頼りきっているのかが痛感できました。

 そしてなにより、日本の小ささ。 本当に道をロストしても気合を出せば人里に下りられる。なんて小さいんだ。。。。

 まぁかなり辛い旅ではあったけど、帰ってきてみるとそれなりに楽しかったなぁ と。

 雨は最悪でしたが。。。。

 次回は梅雨明け、もっと別の場所に行ってみたいと思います(マダイクンカイ

 結局、蛇も熊も、鹿も、なにもGETできなかったしね。 リベンジはしないと、、、、




 以上、グダグダとかなり長くなってしまいましたが、帰還報告を終わりたいと思います。

 最後までお付き合いいただきありがとうございました!!


 そして、「紳士と蟹少女」での新企画?というかなんというか

 毎回ブログ更新のたびに、萌え萌えショットを一枚載せることに。

 では、記念すべき第一回目の萌え萌えショット!!

 繝輔ぉ繧、繝ェ繧ケ_convert_20110618063227

 フェイリス にゃんにゃん。  シュタゲより、フェイリスちゃんです。

 いや、可愛すぎるだろ、、、、悩殺されるわ。


 次回は、映画監督:新海誠 さんの新作「星を追う子供」のトークショーに行ってきたので、それのことでも書きたいと思います。

 ではではノシ





 

 

 
 
 
 
スポンサーサイト
  1. 2011/06/18(土) 08:03:22|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

<<「星を追う子供」 | ホーム | 今期のアニメレビュー。と山籠り予告!>>

コメント

ね・・ねこー!白い!モフモフ!モフモフー!
とまぁ、山籠りお疲れ様~。
何事もなくて良かったねぇ。
蛇と熊と鹿に会いたいなら秋田においで~w
最近も熊が人里に下りてきてニュースになったし。
  1. 2011/06/19(日) 00:09:27 |
  2. URL |
  3. らうず #woYplStY
  4. [ 編集 ]

よくぞ無事に帰ってきた・・wほんと、命をなくしても可笑しくない状況じゃないか(((( ;゚д゚)))アワワワワとりあえず次行くまでに、火だけは100%おこせるようになっとかないとだなw
お守りがいる時は何時でも言ってね。緑の玉送るから♪
  1. 2011/06/19(日) 02:26:41 |
  2. URL |
  3. ゆーじ #-
  4. [ 編集 ]

コメありがとぉ

ラウズ> 秋田はたしかに動物多そうだなww しかし、、、遠いw

ユウジ>紳士のKIAIは結構すごいもんなんですよw


そして、萌え萌えショットへのコメは未だ0、、、 クソ
  1. 2011/06/19(日) 11:26:36 |
  2. URL |
  3. 紳士 #-
  4. [ 編集 ]

山に入るなんて本当すごいなー。
そういう経験をするといつもの日常の景色も違って見えるのかもね~。

シュタゲは友達に勧められてるんだけど、まだ見てないやw
他にも勧められてるアニメがあったりするんだけど・・・
アニメ見る暇あったらマビやってる( ´ー`)
  1. 2011/06/19(日) 12:35:30 |
  2. URL |
  3. カカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sos5023.blog38.fc2.com/tb.php/17-85ad2e04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。