スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アラララ

えーと、、、一部の人は知ってるかと思いますが、この度ネクソンID&マビノギID両方がハックにあいました。

装備、お金、NP、すべて抜かれていたので正直もぉやる気しません。

ギルドの皆は大好きなのでキャラは置いておいて時々お話しに行くかもしれませんが、引退したいと思います。

引退する時はあり金全部使って盛大に、、、とか思ってましたがなにもかも無くなってたのでそれもできません、、、



それでは皆さんお元気でーノシシ


あ、ちなみにこのブログやギルドHPにはちょくちょく顔出すのでよろしくです。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/11(木) 00:12:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

ミートソースをケチったミートソーススパゲティ。

こんばんわー m9(^Д^)プギャー

最近、こんにゃく畑の吸うタイプ(マスカット味)にハマっている紳士です。


さてさて、早速本題ですが、突進トレの画期的な方法を見つけたので紹介したいと思います。

遠距離攻撃を防御するトレがだるくてだるくてどうしようもなかったので、なにか良い方法がないかと模索していたら、、、
発見してしまいました。

以下、方法 続きを読む
  1. 2011/07/29(金) 02:45:55|
  2. マビノギ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

霜降り肉の霜の部分は脂肪。

こんばんわぁー

先日公開された映画「コクリコ坂から」を早速観てまいりました!

脚本は宮崎駿で監督は息子の宮崎五郎。

以下、感想
1時間30分と短めの作品のためか、どうも希薄になりがち。 どうせならもう少し掘り下げてほしかった。
登場人物は大人が多いが、大人たちが割と魅力的。 主人公の海ちゃんは可愛すぎる。どうしよう(;^ω^A ァセァセ

これまでのジブリ作品とは、音楽もアニメーションもガラッと変わった印象。まぁ監督が違うからしょうがない部分はあるが、人物の動き、躍動感などはかなり落ちた。

オチが微妙。起承転結が弱い。

暇があるなら観てみてもいいかも、って感じww  

別に叩いてるわけじゃないですww

以下マビー 続きを読む
  1. 2011/07/19(火) 14:44:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ふぅ、、、ボカン!

 こんばんわー  ちょっと更新サボってましたw

 
 近頃は、、、、、ニヤリウフフ  あ、いやなんでもないです。
 続き↓↓ 続きを読む
  1. 2011/07/06(水) 03:17:54|
  2. マビノギ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

「星を追う子供」

どもー^^こんばんわ。

先日、映画監督:新海誠の新作「星を追う子供」の上映+トークショーに行ってきました。

新海誠監督の作品はとにかく絵が綺麗です。まぁファンになったきっかけは風景、背景の絵の綺麗さや壮大さに感動したからなんですよ。

シナリオは今までの作品はふんわりした、詩的な感じの内容でくっきりとした輪郭をもっていないロマンチックなもの。というのが印象でした。

それが今回の新作では全然別物。 言ってみれば、今までの作品は抒情詩にすぎなく、「星を追う子供」でその辺を明確にし、意図的に差異をつけた という感じでしょうか。

個人的にはとても好きな作品でした!  お勧めです。ぜひ見てみてください。6月24日まで全国ロードショーです。

以下、トークショーの内容。

やはり壁になってしまうのはジブリとの差異化だろう。と僕は思っていました。
日本のアニメの根源というか、、、意識はしていなくても、どうしても似てしまうのは仕方ない。

ジブリから入り、どうジブリから出るか  が大きなポイントではないかな、と。

まぁそれだけジブリは普及してしまっていて、いわば「環境」のようなものになっているものだと思っています。

新海誠監督もそれは思いにあったそうで、似てしまうことはあまり意識していなかったそうです。

むしろ自然体に作れば作るほど、ジブリと言う「環境」のようなものの要素が入ってしまうのは当然。てな見解でしょうか。

僕は決して、ジブリが専売特許というわけじゃなく、「ジブリのパクリだ」とかそんな風なことは言うべきではないと思っています。

おそらく、この作品を見た人のほとんどがジブリを意識してしまうと思いますが、それは「パクリ」「パロディ」などとは全く別物だということを意中に入れて観てほしいな と思います。


今回トークショーということで、監督直々にいろいろ聞かせて頂きましたが、やっぱりアニメという媒体を通して、作者のメッセージ、伝えたいことをキャッチするのは難しいけれど、とても重要なことだと思いました。
その重要な部分を握るのは当然それを観覧する側なので、思慮深く観るべきだなぁと思いました。

トークショーってなかなかいいものだなぁフフフ


※新海誠代表作:「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場場所」「秒速5センチメートル」


以下、マビマビ ↓↓ 続きを読む
  1. 2011/06/20(月) 17:30:23|
  2. マビノギ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。